1. HOME
  2. 特集
  3. 【実録】下準備はぬかるなよ。半年前から行った花嫁美容スケジュール!
特集

【実録】下準備はぬかるなよ。半年前から行った花嫁美容スケジュール!

特集

 

今まで生きてきた中で、最高に楽しかった日はいくつかありますが、そのうちの一つが結婚式です。
結婚式は私にとって憧れの一つだったので、挙式が決まった瞬間から気合が入りました。
誰もが思うことだと思いますが、失敗したくないのー!絶対に!
最高に綺麗な状態でチャペルの扉を開けたいんですよねー!

ということで、今回はとりんが実際に行った花嫁美容スケジュールについて書いていきます!
これから結婚式を迎える花嫁さんの参考になるかはわかりませんが、みていただけると幸いです。

こんなに頑張ったことは人生でなかなかない。

私の性格をお話しますと、超楽観的。
今は前よりは考えるようになりましたが(多分)当時は「なんとかなるっしょ〜」精神で乗り切ることが多かったです。
しかし、結婚式はなんとかならん。
大きな額は動いとるわ、大切な家族・友人に来ていただけるわ、パートナーとの特別な日になるイベントです。
こんな大イベントを目の前にして、楽観的でいたら、後悔しまくると思いました。
「悲観的に準備して、楽観的に行動する」という言葉がありますが、結婚式準備はまさにこれ。
今思い返すと、ボディとスキンケアに関しては全然悲観的になれていなかったんですけど、ヘアメイク、ドレス、アクセサリーはめっちゃくちゃ準備したので、後悔は全くありませんでした。むしろ清々しかった。

とりんの花嫁美容スケジュール

長くなりましたが、ここから順を追ってやったことを書いていきます。

6ヶ月前:歯のホワイトニング

ケチらなければよかったランキングで確実に上位にくるのが歯のホワイトニングだと思います。
白いドレスには白い歯でしょうが!
当時周りにもプレ花嫁がたくさんいたのですが、インスタにマウスピースの写真を載せて「私も(ホワイトニング)はじめます。」というpostをよくみたものです。
私は式場が決まるのが本番の9ヶ月前だったので、半年前から始めましたが、早くできる人は1年ぐらい前からやってもいいと思います。
ホワイトニングにはオフィスとホームホワイトニングがありますが、私は家でホワイトニングができるホームホワイトニングを選びました。ホームはオフィスよりも安く、歯が白くなるまで時間がかかりますが、家でケアできるのがメリットです。
型を作って、オパールエッセンス20%の薬剤を塗って1時間放置というのを定期的に繰り返して、歯の色味表でいうA3からA1の色まで明るくできました。
もし、金銭面的に余裕があればシュシュさんが以前に紹介していたホワイトニングがいいかもしれません。

4ヶ月前:髪型やヘアアクセを考える

結婚式ヘアアレンジ

正直一番力をいれたのは髪型とヘアアクセです。
昔から、ヘアアレンジが見るのもやるのも大好きで、結婚式は髪型を3回変えると決めていました。
なので、どんな髪型もできるようにずーーっと伸ばしていました。最終的には腰あたりまであったと思います。
やりたかったのは、シニヨン、ハーフアップ、お団子。
暇さえあれば、インスタで「#花嫁ヘア」を検索しまくってました。
インスタのある時代に生まれてよかったよ。
しかし、私がいくらやりたい髪型があったとしても、仕上がりは式場のヘアメイクさん次第。
ちなみに、ヘアメイクさんを持ち込むこともできますが、そうするとお金が発生する式場だったので、式場のヘアメイクさんにお願いすることに。
成功の鍵は担当さんのセンスと技術力にかかっていますが、できることはやろうと思い以下のことをやりました。

①なりたい髪型ピックアップ

これは誰もがやることだと思いますが、とにかく担当のヘアメイクさんに理想のアレンジを見せるのが成功への鍵だと思います。
個人的にはいろんな角度から撮影されている写真を見せるのがおすすめです。
結婚式って360°いろんなところから、シャッターを切られるし見られるんですよ。
その時代のトレンドもありますが、私はどんな角度でも、可愛く見えるように立体的なヘアスタイルを選びました。

②いつもの美容院でシュミレートする

結婚式でやってもらう髪型をするのは、実際リハと本番だけなんですよ。たった一回のリハーサル!いけるわけがない!絶対後からこうしたいああしたいがでてくるのが目に見える!
そう思った私は、いつも行っている美容院に相談しながら結婚式でやるヘアアレンジをしてもらいました。
これは、やってよかったことです。
実際にやってもらうことで、「後毛はここから出してくださいって言ったほうがいいよ。」など担当さんに伝えたいことが明確になるからです。
あとは、美容師さんからのアドバイスもいただけます。
私の場合は「ここを立体的にするならここにハイライトをいれたほうがいいね」とアドバイスをもらって、美容院にいくたびにハイライトを少しずつ作っていきました。最終は本番3日前にカラーや前髪、後毛のメンテナンスをしました。

③ヘアアクセをつくる

ヘアアレンジをもっと華やかに見せるのがヘアアクセ。
ウェディングドレスに合わせるものは買いましたが、カラードレスに合わせるヘアアクセは全然気に入るものがなくて最終的にはハンドメイドしました。
これも、美容師さんからアドバイスをもらい、トライアンドエラーを繰り返して理想的なヘアアクセが完成しました。

④髪のメンテナンス(定期)

②にも少し書きましたが、ハイライトを綺麗に見せるために、定期的に美容院に通っていました。
当時私が行っていた美容院は、ハイライトを入れても時間が経ってだんだん明るくなるタイプだったので育てる必要がありました。
ヘアアレンジが綺麗見えるよう、細く細かく入れてもらったと思います。

3ヶ月前:メイクを考える

結婚式メイク

3ヶ月前にヘアメイクの打ち合わせがあるので、ウェディングドレスとカラードレスのメイクをそれぞれ考えました。
この頃はちょうどメイクにはまり始めたときで、百貨店のパーソナルカラー診断を受けた後でした。
今思えば、心底受けておいてよかった!!!
パーソナルカラーを意識したメイクのおかげで写真写りも良かったです。
メイクもヘアアレンジ同様要望は細かく伝えました。

  • ウェディングドレスのときは上品で綺麗めに、カラードレスのときは元気な印象にガラッと変えたい
  • チークはやや上の方
  • 眉毛は山をとってしっかり描いてほしい
  • 目の下のクマやニキビ跡がコンプレックスなのでしっかりカバーしてほしい
  • 艶肌希望
  • アイラインは細く書きたいので自分で描きます。

言葉でするのが難しければ、写真をもっていくとわかりやすいです。
ウェディング雑誌は花嫁メイクBOOKとか付録についていたりしたので、参考になりました。

この頃はアナスタシアを知らなかったので、眉毛のメンテナンスは何もしてないですが、もしできるなら一回でもいいから行ったほうがいいでしょう。
私がラッキーだったのは担当さんが眉毛を描くのがめちゃくちゃ上手だったこと。
そのまま帰りたいぐらいでした。横からの表情がいつもより綺麗に見えたのは眉毛のおかげだと思っています。眉毛は大事。

挙式4日前:ネイル

指輪をつけるから手も油断はできません!!
長さをだして、指先を少しでも綺麗に見せるためにも、スカルプネイルにしました。人生初です。
小さくて丸みのある爪だから、爪の形が変わるってどんな感覚なんだろう〜と楽しみでした!

とりんウェディングネイル

爪を伸ばして形変えるだけでこんなに手の印象って違うの?!と腰抜かしました。生活はしにくいけど、こんなに手が綺麗に見えるなら、爪を器用に使う技を習得して日々を送る渋谷ギャルの気持ちもわかる。
デザインで絶対やろうと思っていたのはシェルのかけらをのせること。
斬新、立体的、綺麗の三要素が揃っていてやらない選択肢はなかった。
人生で一番気に入っているネイルです。

挙式3日前:ブライダルエステ

ブライダルエステは通わずに、本番前の一回ポッキリにしました。
顔はクレンジング、シルクを使った小顔リンパマッサージ、シェービング、シルクリフトアップパック。
頬がめっちゃくちゃ上がって感動。結婚式前小顔リンパマッサージは絶対やった方がいいです。
顔もシェービングしてワントーンアップしたし、当日化粧ノリがすこぶる良かったです。

ボディはマッサージ、腕・背中・デコルテのシェービング。
腕はオイルをつけてリンパは流すだけでも細くなるので是非ともやってみていただきたいです。
脱毛はワキしか通っていなかったので、見せるところのシェービングをお願いしました。
産毛程度でも、剃るだけでくすみが消えてトーンアップするのでこれはやりましょう!
髪の毛はアップにするので、首の後ろも綺麗に剃ってもらいました。脱毛に通えるなら通った方がいいと思います。
お肌が弱い方は本番当日に支障がでないように、もう少し前からシェービングができる店舗を探して、肌に合うお気に入りのお店を見つけておきましょう。

挙式2日前:マツエク

写真を見返して思ったのは、マツエクやっててよかった。
どの角度からの写真を見ても、まつ毛の存在感があるから目がちゃんと盛れてるんです。
自まつげでも全然いいと思いますが、ドレスという面積の広い服を着るので負けない顔にするには、ある程度まつ毛の長さはいると思います。つけまでもありですが、絶対泣くからマツエク一択です。

私のマツエクレシピはこちら。

毛の種類:プラチナセーブル
カール:Cカール
太さ:0.1と0.15混合
色:カーキブラウンとブラックの混合
本数:片目85本ずつ
【付け方】
・目尻、目頭→11mm
・目尻の中央の間、目頭と中央の間→12mm
・中央→13mm

こだわりとしては、基本ナチュラルに見せるけど、ドレスに負けず華やかさをだすために気持ち長めにしました。
太さは0.15だけでもよかったけど、細い毛を混ぜると綺麗見えるとアドバイスをいただいて、入れることに。
これが正解で、めちゃくちゃ自然で綺麗なまつげになったんです。
デザインは丸みのある目なので、ドールアイにみせるように中央は長め。
色はカーキブラウンを混ぜたのが大正解!!ブラックオンリーよりも抜け感がでるんですよー!
マツエクは会った人にも、写真でも褒められまくりました。
もし、マツエクをつけるなら、かなり負荷がかかるのでまつ毛美容液を塗って育てておいたほうがいいと思います。
あとは、グルーが合わなくて、目が荒れたら大変なので挙式の1ヶ月前ぐらいにサロンにいってパッチテストをしておきましょう。
もう一つ補足しておくとマツエクつけた日は、グルーを固めるために一日おいたほうがいいので、両親への手紙を書くのはマツエク前に書くのがおすすめです。絶対泣いてしまうから…。

挙式当日:背中のメイク

背中に関してはかなり楽観的でした。
シェービングもしたし、そのまま行こうと思っていたのですが、本番前にすっごく痒くなって気づいたらちょっと荒れてしまったんです。夏だったし、汗疹っぽい荒れでした。
写真とってもらったら若干シミもあったので、今の私がアドバイスするなら、「式場決まった瞬間からビタミンCを飲んでおけ!」と言います。
最近結婚式をあげた子は、ビタミンCを飲み続けて見違えるぐらい背中が綺麗になっていました。
ビフォアフみてびっくりです。

ちなみに背中メイクは一万円だったんですよ。
迷う〜〜!数時間の背中に一万円払うべきなのか!
結果後悔するならやってしまえと思って払ってやってもらいました。

背中メイク

やってよかった!
正直、背中メイクって本当にきれいになるのか疑ってたんですが、見違えるぐらい綺麗になりました。
しかも、隠すだけではなく綺麗に見せるために細かーいラメもつけてくれて、背中が一般人からあゆになりました。
綺麗すぎてテンション上がってevolution歌いそうになりました。

イメージ通りの花嫁姿になれました。

とりん結婚式写真

本番当日。
楽観的でめんどくさがりの私でも、どうにかこうにかイメージ通りの花嫁になることができました。
ドレスを身に纏ったあと、自分が思い描くイメージに再現されていく様子をみてたら達成感が出てきてすっごく嬉しくなりました。
準備に力を入れてなかったら、この感情は味わえていなかったと思います。
友人には「すっごくかわいい!!」と言ってもらえました。シンプルでも沁みる言葉です!

後悔のない下準備をできたのですが、あれから美容的にスキルアップしているので、今だったらこれをやるというものがいくつかあります。
そちらについては別の特集でご紹介しますね!