1. HOME
  2. ライフハック
  3. 【衣類の黄変は還元だYO!】日焼け止めで黄ばんだ時の洗濯ハック
ライフハック

【衣類の黄変は還元だYO!】日焼け止めで黄ばんだ時の洗濯ハック

ライフハック

 

毎日塗らずにはいられない日焼け止め。
特に夏はTシャツ焼けなどを防ぐために腕や首・デコルテにも抜かりなく塗る方がほとんどだと思います。
だがしかし、その派生でこんな問題にぶち当たっていないであろうか。

日焼け止めで服が黄ばむ問題!!

日焼け止めで黄ばんでしまうのは、布についた日焼け止めが取りきれていないことが原因です。
最初は目立っていなくても、時間経過でだんだん黄ばんできます。
ネットで検索すると対処法として「酸素系漂白剤で落ちる」と書いてあります。
でた、酸素系漂白剤。「#オキシ漬け」でスターと化した洗剤。
塩素系が羨むほどの人気っぷりですから、ご家庭にある方も多いはず。
私も3kg×3個セットを買ってしまうほどの酸素系漂白剤は大好きマン。
なんでもかんでも酸素系漂白剤につけて、相性の悪いレンジフードのカバーを変色させたこともあります。はっはっは。
そんなノリで、2年前お気に入りの白Tをいつも通りつけ置きしてたときのことです。

黄ばみが濃くなっとるやないかい!

おいおいおいおい!
どんな黄ばみも世間一般的には酸素系漂白剤が有効だというのに!
もしかしたら同じ目にあった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
安心してください…対処法はあります!!!
前置きが長くなりましたが、酸素系漂白剤を使ったのに日焼け止めの黄ばみが濃くなってしまったときの対処法をご紹介します。

洗濯王子直伝の日焼け止めの黄ばみを落とす洗濯ハック

この黄ばみは、日焼け止めの中に含まれる成分に酸素系漂白剤が反応したのが原因。
酸素系でも落ちるものはありますが、成分によっては発色してしまうものもあるそうです。
ちなみに、塩素系漂白剤を使うとピンクに変色します。
これは、洗濯王子と呼ばれる洗濯家 中村祐一さんにLINEでこの悩みを相談したときに教えていただきました。

ネットには、クレンジング+食器用洗剤で落とすやり方もありますが、王子いわく酸素系漂白剤の成分である「過炭酸ナトリウム」で発色した場合は還元型漂白剤で洗ったほうが戻るとのこと。
漂白剤にまだ兄弟がいたとは知らなかった…!
絶対にググっても辿り着けなかった、最良の答え!

おすすめされたのはハイドロハイター。市販ではなかなか売っていないので、楽天でゲットしました。
いざやってみると…黄ばんでいたのが嘘かのように落ちる!!すげえ!すげえよ王子!
お待たせしました。フローはこちらです!

①日焼け止めがついている箇所を部分洗いします。

石けんも使ってゴシゴシ。
使ったのは、iHerbに売っているNellie’sの ワオスティックステインリムーバー。

Nellie’sの ワオスティックステインリムーバー

上履き洗いが楽になると言う人気の石けん。
スティック状で使いやすく、レモンのような爽やかでいい香りがします。
もちろん、日本に売っているウタマロや食器用洗剤などでもよし!

収納はセリアに売っている洗濯石けんケースが便利です。

②洗い流します。

③ハイドロハイターでつけ置き

ハイドロハイターの出番だぜ!

40℃のお湯1Lに対し、キャップ1/2杯が目安です。
Tシャツ一枚が浸かる量は2Lぐらいなので、今回はキャップ1杯分を入れました。

よく溶かして〜〜。

30分つけおき!!
毛・絹の生地は長く浸け過ぎると傷めることがあるので、浸す時間は30分以内がいいそうです。

④洗濯機ですすぎ→脱水して干します!

すると…

まずは、首後ろ!

完璧ではありませんが、黄ばみが目立ちにくくなりました!
もっと部分洗いを念入りにしたほうが良かったのかもしれません。

そして、袖口。
綺麗に落ちた〜〜〜〜!!!還元している〜〜!
ビバ化学反応!還元型漂白剤すごいです!
もう、日焼け止めによる黄ばみ対策はコンプリートしたと言ってもいいでしょう。

還元型漂白剤は、塩素系漂白剤による黄変の回復や鉄分の多い水による黄ばみの回復にも有効的です。
洗っても落ちない鉄サビや赤殿黄色いシミの回復など、かなりニッチな汚れにも対応しています。

ただしは白無地で水洗いできる繊維製品(綿・麻・化学繊維・毛・絹)のみにしか使うことができません。
水洗いできないものや、イロモノ・柄物製品、金属製が付属した衣類には使えないのでご注意くださいね〜!