1. HOME
  2. 私たちのFA
  3. スキンケア
  4. 【敏感肌のFA】「強靭な普通肌」を授けてくれたウィラードウォーター
スキンケア

【敏感肌のFA】「強靭な普通肌」を授けてくれたウィラードウォーター

スキンケア

 

急に写真のクオリティが上がりました。

面倒くさいでしょうけど、前回のオーガズムの時の写真と見比べてみて欲しい。
【チークのFA】私より私を知っているNARSオーガズム
前回が酷すぎたので、「普通」になっただけなのですが。
何をしたかというと、ついに自然光が多く入る部屋に移動して撮影することにしたんです。
いや、基本中の基本やないかい。
お恥ずかしいどころじゃない。
素人の撮影技術で手堅い写真を撮るには自然光が一番キレイに撮れるということぐらいは知っていたし(むしろそれしか知らない)、とりんさんから色々と写真の基本のアドバイスをもらっていたのに、あえて聞き逃していました(なんてやつ…)。

普通はすごく大事なのに。

うぉっと!
これって肌と一緒じゃんか。

その昔、私は、「普通の肌」に焦がれていました。
アトピーで常に皮膚に疾患をこさえて常に痒かった私は、特別キレイじゃなくていいからとにかく普通の肌になりたかった。

そんな切望を叶えてくれたのがDr.ウィラードウォーター。
私のFA中のFAです。


色んな色のボトルがあるけど、中は同じもの。
全部使ってる途中で全部蓋は無くました。

10代後半から使い始めてるので、そこからの付き合いを考えると、もう私のFAというより、ウィラードウォーターのFAが私なんじゃないかと混乱してしまいそうです。
365日以上使っています。

当時の私は、もちろん病院には通っていたのですが、「処方される薬を塗り続けないとアトピーが出続ける」恐ろしいターンがきてしまっていました。
薬には副作用があるので延々と塗り続けるわけにはいきません。
薬を一定期間塗って症状がある程度治ったら、処方された保湿剤を間に挟み、薬を塗る回数を減らしていくのが消極的なベスト、でした。

ところが、その保湿剤が合わなくてかゆいのなんのって!
保湿剤に問題があったのではなく、皮膚に触れるあらゆるものが痒みの着火剤となる重度の反応が出ていたのです。
何もつけなくても常に痒くて皮膚を掻き壊してしまうので薬が必要だったんですが、火がついて燃え上がるような痒さを引き起こすのは、自分の汗を含む外部からの何かが肌に触れた時でした。

そのうち、薬を塗るとあんなにサッと症状がひいていたのに、それすら翳りが見え始めて、生命レベルで危機感を覚えました。
薬ではない痒みの因子とならない何かが必要だ、と本能としてそう思ったような気がします。

「敏感肌に優しい」とされる目につくものは全て試して、その中のひとつがウィラードウォーターでした。

その頃はまるで、「いつでも火いけまーす!」というベテランのスタントマンのような肌状態になっていたのですが、ウィラードウォーターを吹きかけてみるとどうでしょう。
初めてすーーーーーーっと静まったのです。
初めてのすーっ。君とすーっ。
火だるま準備万端のベテランスタントマンも拍子抜け。

今だったらすーだけに「スーを差し上げます!!!」と叫んで一旦消化していたと思うのですが、ビフォアダイアン津田さんの私は、どういうことなのか、期待をしていいということなのかすら分からなかったです。

「水」なんです。
まごうことなき水。

水だから刺激がないだけでしょ?って思うじゃないですか。
いや!
水道水も沁みまくってたから!

ほんじゃ水道水と違って塩素が入ってない水だからでは?って思います?
いやいやいや!
それ系の他の◯◯ウォーターは試したっちゅうねん。
それも真っ赤になって痒くなったの!

間違いなく、私はウィラードウォーターを使い始めて、自分が納得する普通肌になりましたが、「治る」とは言いませんよ。めっちゃ言いたいけど。
ただ、ウィラードウォーターだけは「私の肌の痒みの因子とならなかった」とは声を大にして言います。

痒みの因子とならないものを使い続けることで、時間はかかりましたが、「普通の肌」に向かっていくことができたのは確かなんです。

使い方は、朝起きたらぶしゃー、日中もぶしゃー、ほてりを感じて痒みが出る時はティッシュやコットンにびたびたに浸してそれを顔に張りさらに上からぶしゃー、お風呂を上がったらぶしゃー、睡眠中も枕元において痒みで目が覚めたらぶしゃー。
こんな感じで、1ヶ月に3本は使っていました。
同時にシャンプーを同ブランドのものにしたことも良かったと思います。

現在のウィラードウォーターの使用量は1ヶ月に1本強ぐらいでしょうか。
普通肌になっても良さを実感し続けるポイントがあるので、今も必ず使っています。

なぜどう肌に良いのかというと、公式の説明ではこのようになっています。

ミネラルを抱えた細密な粒子(ミセル)が角層奥まで浸透し、弱まったバリア機能を正常な働きに整えます

肌のバリア機能を正常化
ミセルの効果で肌細胞に栄養を届ける
ミネラルの浸透が肌を活性化させる
日焼けのほてりを防ぐ
肌荒れの赤みを防ぐ

わっかるようなわっかんないような感じだと思いますが、私は全てこれらの効果を感じています。

よく巷では「肌が弱ってない時にはただの水」と言われたりするのですが、思い入れが強すぎてそれを聞くとちょっと暴れたくなります。
強靭な普通を授けてくれる水。
満を持して(?)、ゴイゴイスー!スーススー!
スーを差し上げます!

★Dr.ウィラード・ウォーター 220mL 販売価格(税込): 3,850 円