1. HOME
  2. ライフハック
  3. 【締切美人 第四回】ウォーキングをなめるな! 私はなめてた! 集中力富豪になる歩行瞑想の方法とロジック
ライフハック

【締切美人 第四回】ウォーキングをなめるな! 私はなめてた! 集中力富豪になる歩行瞑想の方法とロジック

ライフハック

 

ダイエットの手段としてはやや悪手なウォーキング

 

ウォーキング。

じんわり流行っては、じんわり消えて、じんわり再注目される。たまにデュークさんを思い出す。

私はウォーキングにそんなイメージを持っています。皆様はどうですか?

とにかく”良い”と言われてはいるものの、リターンが地味すぎて続かない。

少なくともダイエット目的では、達成前に心が折れるのがわかりきっている。

私にとってウォーキングはそんな存在でした。

でも最近は、ダイエットうんぬんの前に、集中力アップにウォーキングが大変効果的らしい、との情報も耳にするようになってきました。
ダイエットとしては無理だけど、仕事の能力アップのためなら、ウォーキングできるかも、と考えていたさなか
さらにウォーキングへの追い風が吹きます。

ウォーキングへの追い風、歩行瞑想

 

歩行瞑想というものが彗星のごとく現れたのです。

成功者の中には、瞑想なしにはいられない、という方も多くいらっしゃいます。
成功者がやっているなら、すぐにでも取り入れたいところですが、瞑想の場合はちょっとためらわれてしまいました。

瞑想のキモは何といっても、何もしないことにあり、

あくせく働くことがよしとされている風潮の中で生きてきた自分は、実践に踏み切れなかったのです。

ただ呼吸に注目する時間を持つなんて、恐ろしかった。

その時間無駄じゃないの!? 仕事か読書かスキルアップしたほうがよくない!? とザワザワしちゃうわけです。ZENどころではありませんね。

すぐザワザワするんだから、アンタまさに瞑想必要な人間じゃん、って感じなのですが、

一番必要な人こそ、瞑想に恐怖していまう。皮肉なものです。

必要なものって、いつも取り入れるのが難しい顔をして現れる。そしてそれはやった後わかる。神様はいじわる。魔女の宅急便の挿入歌で久石譲も言ってます。

ウォーキングと瞑想、ふたつ合わさることでコストを払う納得ができる

 

でも、歩行と一緒と一緒となれば話は変わってきます。
瞑想だってウォーキングだって良いものだと私も知ってるわけです。
ただ、一見ゆるやかな行為に、時間というコストを払う踏ん切りがつかなかっただけです。

その買い物(時間の使い方)は、値段(時間)に見合ってるのか? と疑ってたんです。

例えるなら、1000円で、600円くらいの価値のものを手に入れるような。

私にとって時間は1000円で、ウォーキングは600円で、瞑想も600円だったわけです。

そりゃ支払わないよ。って。400円損してるんだもん。

いや、ジョブズに怒られるよ。ZENなめとんかって。だからiPhone作れへんねや、って言われてまう。
まあiPhone作ることは諦めるとして。

ウォーキングと瞑想、単品だと損をするのですが、

歩行瞑想だと、計算はこうです。

時間(1000円)を払うことで、瞑想(600円)とウォーキング(600円)合計1200円が手に入る。

200円得してるわけです。

ヤッタネ!!!

じゃあやる!!!! じゃあってなんだよ。私にもわからないのですが、とにかく実践に踏み切れたのです。良かった良かった。

実践してみて驚いたこと

 

そんな損得計算の上、ようやく始めた歩行瞑想ですが、始めたとき衝撃を受けました。

私、頭の中でめっちゃしゃべりよるやん。

家帰ったらあれしよ。
仕事まだ終わってないな。
今度あのこと話そ。
なんであんなこと言ったんだろ…。

と、まーーーベラベラベラベラ…。

ZENZEN禅じゃない。

そしてその頭の中のおしゃべり。

ま~~~気持ちいいんだ。

気持ちよくないとやらないもんね。

人間って、気持ちいいことは、どんだけでもやっちゃうんだ。

そんなことに気づけたのも、歩行瞑想をしたからでした。

でも、瞑想は、”今”を生きることを大事にしています。

今起きてないことに思いを馳せる頭の中のおしゃべりは

ZENZEN善じゃないわけです。

私は歩行瞑想をするまでは、妄想くらいいいじゃん、って思ってました。

ポテチとかネガティブな思考は、人生の邪魔してそうじゃないですか。好きだけど。

それと比べて、頭の中のおしゃべりは、別にいいものでも悪いものでもないんじゃない? くらいの扱いだったんです。

頭の中のおしゃべりは悪?

 

でもですよ。

今に集中すること→瞑想 

瞑想→良い 

今に集中すること→良い

なわけです。

とすると…?

今に集中しないこと→悪い

今に集中してる→頭の中のおしゃべりはない

今に集中しないこと→頭の中のおしゃべりがある

頭の中のおしゃべり→悪い

こちらも成り立っちゃわないか…!?

いや、成り立つでしょ!!!

とんだ巨悪だった頭の中のおしゃべり

 

頭の中でしゃべっていたら、仕事に集中できないし、

なんならお友達とのおしゃべりのクオリティだって落ちてしまう!!

仕事以外のお楽しみの時間だって、荒らしてくる頭の中のおしゃべり。
「別に悪くないじゃん」と判断していたものは、とんだ巨悪だったのです…。

さらに、うっかり瞑想を忘れ、頭の中のおしゃべりを楽しみながらするウォーキングは、
あっと言う間に時間が過ぎます。

頭の中のおしゃべりは、時間泥棒でもあったのです。

真っ黒じゃないか…!!! 窃盗ですもん…!!!

日常の瞑想化

 

頭の中のおしゃべりが、いかに集中力を妨げ、思考力を下げ、時間を奪っていくか。

歩行瞑想を通して気づいた私は、日常でも瞑想的な心の使い方をするようになりました。
心乱されるようなことがあっても、ただ呼吸に注目する。
嫌なことを思い出しそうになっても、今に戻ってくる。
未来のことを考えたくなっても、今できることについてのみ考える。

最初はZENZEN上手くいかなくて、いんちきスピの一環じゃねえのか!!

と、お金も払ってない癖に図々しくもキレそうになっていたのですが

続けていくと、めちゃくちゃ快適なことに気づきました。

今ある時間を、今できることに、今集中する。

人生ってそれだけなんですよ。それだけしていたらいいし、それだけでしかない。

刹那的に生きるのとは違います。今安心するために、未来のための投資をするのですし、実際の行動は、今やることですしね。
仏教で推されている「反応しない生き方」もその延長でできるようになります。
「反応しない」ためには、何をしたらいいのか、生産的に考えられるようになりますので、
キレたり悲しんだりするということも少なくなりました。
周りに振り回されないので、人生の主役を自分に据えられるようになります。

もちろん仕事への効果も絶大

瞑想の威力が強力すぎて、ピンポイントに仕事への影響がどうであったか、お伝えするのが遅れました。

もちろん、ウォーキングをすることによる

仕事のパフォーマンスアップはすばらしいです!

ウォーキングはリズム運動なので、セロトニンが出て、不安がイライラが抑えられます。
仕事前の余計なプレッシャーによるノイズが排除できるんです。
これは大きい。

ウォーキングは即効性の鬼

さらに、なんといっても、運動は、集中力に対して即効性があるんです。

定期的に運動しているけれど、一日運動していない人と、
定期的に運動していないけれど、一日運動した人、
比べると、後者のほうが集中力が高いそうなんです!

即効性中の即効性じゃん!!!

即効性の鬼。

どうしたんだよ! ダイエットのときはあんなに…あんなにトロかったのに!

仕事に関してはこの迅速な対応! amazonかよ! いや、ヤマトかよ!!

私はこれを聞いてから、俄然、ウォーキングをする意欲がわきました。

時間がない。だからこそウォーキング

しかも、定期的な運動で、前頭葉が物理的に成長するんですって。

なんですか。物理的に脳が成長って。一杯食わすとかないじゃん。すごいじゃん。
即効性もあるし、遅効性もあるのか。

即金と定期預金のダブルインカム。

鬼with金棒。

集中力富豪。

めんどうだなあ、と思う日もあるのですが、実感としてもウォーキング後のほうが集中力がアップしますし、
理論も納得しかないので、仕事をちゃんとしたい、と思う日はウォーキングするようにしています。

忙しいときは、ウォーキングしてる場合じゃない、という長年の癖で逃げの考えが出てしまうのですが、
忙しいときほどウォーキングしたほうがいい、と最近は思うようになりました。

こちらの考えに完全にシフトできるように、努力してる最中です。

ついでにスタイルの変化も

乙女としては、スタイルの変化も、もちろん期待してしまいますよね。

ウォーキングはダイエットとしてはいまいち、とそしりはしましたが、いざ体を動かすと、美容方面のリターンも欲してしまう。
自然の摂理だと思います。

まあ、さんざんのべましたとおり、筋トレのようなリターンとはいきませんがむくみは取れます。
むくみを取るために麺棒マッサージをせっせとしていた時期があるのですが、ウォーキングのほうがはるかにズボンがダボッとするんですよね。
私は脂肪でも太っていますが、むくみでさらに倍率ドンのタイプなので、これには大変助かっております。

ウォーキングでも言われているとおり、三か月~半年くらい続けると、スタイルに変化が現れるようなので
うっすら期待しています。

まあ、スタイルの変化を第一希望とするなら、うう~ん、という感じなのですが、
パフォーマンスもアップするし、むくみも取れ、三か月~半年後に体がスッキリするのなら
文句ないですよね。

ウォーキングthe温故知新

今更ウォーキングかあ~と思ったりしますが、瞑想と組み合わせると、

現代最強のライフハックに転身です。

温故知新とはよくいったもので、昔からあるものはやはりいいんですよね。

特に、頭の中のおしゃべりに気づくことによる恩恵は計り知れないと思います。
頭の中にこんなにゴミを抱えていては、集中力どころではないに決まっていますし、周りに振り回されて当たり前です。

集中力富豪という言葉を出しましたが、集中力富豪になったところでどうだっていうんだ、という気もしますよね。

でも、集中力なしに富豪にはなれないんですよ。
よくよく見渡してみると、成功している人は、みんなすごい集中力を持っていました。
だから集中することには、とんでもない価値があると実感しています。

600円なんて言ってごめんね

 

歩行瞑想からようやく瞑想を始められた私ですが、今や、日常全部を瞑想的にするべく内面の使い方を改善しています。
また、ウォーキングによる集中力のアップがきっかけとなって、脳の成長のために運動を継続できるようになりました。
600円だとおもっていたものは、それぞれちゃんと1000円の価値があったのです。

でも、600円だと思ってしまうのものはしょうがないんですよ。

歩行瞑想というバリューセットで提示されて、初めて納得し、実行して、その価値がわかることもあります。
気づかないなんてバカバカ! なんて思わなくていいです。
実践に足る、理論とリターンがないのなら、やりたくなくて当たり前です。

どうしてもやりたいことがある。実行したいことがある。でもできない。努力したくない。
そういうときは、動きたくなる理論を探すか、バリューセットを探し当てるのがかえって近道かもしれません。

富豪に限ってお得好きだしね。