1. HOME
  2. 私たちのFA
  3. スキンケア
  4. 【スキンケアのFA】透明感と保水感でヒノコCに敵うものなし
スキンケア

【スキンケアのFA】透明感と保水感でヒノコCに敵うものなし

 

本日はヒツコスのスキンケアのFA。
ウィラードウォーターにつぎ、超超超超リピートしているものです。

その名もヒノコC。

あまりに色々な場所で語りすぎて、一からどう書いていいか分からない…となってしまい、「インタビューをしてください、根掘り葉掘り聞いてください」と編集部内でお願いして、根掘り葉掘り答えてみました!

ビタミンCイオン導入からたどり着いたヒノコCがFA

ーーそれでは、ヒツコスさんのスキンケアのファイナルアンサーであるヒノコCを使い始めたきっかけを教えてください。

ヒツコス:きっかけは、人生で初めて美容皮膚科でビタミンCイオン導入を経験したことです。
肌が弱いのでそれまではひたすらウィラードウォーターで守りのケアだったのですが、少し肌が強くなってきた時に、フォトフェイシャルとビタミンCイオン導入の5回コースを受けてみました!
その時に受けたビタミンCイオン導入のくすみ抜け(※古い角質などによる角質による)とキメのフラットさの効果にすんごっく感動しまして、何はなくともこりゃビタミンCだなとインセプションされました。
そこで、ホームケアでビタミンCイオン導入に近いケアをできないかと調べてみたところ、APPSという成分がヒットしました。
ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性があり、水溶性は浸透(即効性)が早いが乾燥する、脂溶性は乾燥しないが浸透が遅いという特徴があります。
APPSは2つの特徴を兼ね備えたハイブリッドなビタミンCで、浸透は早くて乾燥しづらいんです。
ビタミンCはホームケアでもイオン導入機を使って浸透させることができますが、APPSはそのままでビタミンCイオン導入に匹敵するビタミンCとも書かれていました。
きっかけなげぇ!!!

ーーきっかけはビタミンCイオン導入だったんですね!

ヒツコス:はい。それで、APPSの濃度と他の成分との配合バランスにこだわりをもっている商品について書かれているブログを発見しました。
それがヒノコCの開発者であるヒノコさんのブログだったのですが、ヒノコさん自身が肌荒れで悩んでいた時に、「ビタミンCイオン導入に効果を感じたけど高くて続けられなくて、家で浴びるように思い切り使える美容液を使いたいと思ったから作った」というまさになエピソードを読んだんです。

第一印象で勝ちを確信してドキドキした

ーーなるほど、そこでAPPS美容液のヒノコCにたどり着いたんですね。使用感の第一印象はどうでしたか?

ヒツコス:まず荒れなさにびっくり! です。クリニックのビタミンC美容液より私の肌には優しく感じました。
次に即効性にびっくり! です。使う度に、透明感と保水感がぐんぐん肌の見た目に現れて、「あれ、これはもうもらっちゃったんじゃない?」と勝ちを確信してドキドキしたのを覚えています。
肌に痒みや赤みが出ずに、かつこんなにハッキリきちんとした結果が出るスキンケアに出会えるなんて、私には夢みたいな出来事でした。

ーー高濃度ビタミンC入りのスキンケアは数多くありますが、ヒノコCならではの特徴などはありますか?

ヒツコス:はい、なんといっても「シャバシャバな美容液」ということです。
APPSが高配合されていますが、とろみのある美容液ではなく、あえてシャバシャバの化粧水のようなテクスチャーで作られています(ヒノコさんのこだわりだそう)
私は当時グリセリンがたくさん入ってるスキンケアが全く肌に合わなくて、イコール市場のスキンケアはほぼ全滅でした。ヒノコCはBGという成分は入っていますが、グリセリンは入っていません。そこも私の肌にはめちゃくちゃ合ったんだと思います。

ぬるっと感やぺとっと感が一切なく、とにかくサラサラシャバシャバで浸透力が半端ないです。ヒノコCがあまりに肌に合ったので、他にも色々APPSの美容液は使いましたが、ヒノコCほど浸透力のある美容液はなかったです。

透明感とツヤとトーンアップでナタデココ肌に

ーー私もAPPS入りのスキンケアはいくつか使ったことありますが、ヒノコCが一番肌に浸透する感じがありました! 使い続けてどんな変化がありましたか?

ヒツコス:その頃はウィラードウォーターという超シンプルスキンケアの割に、インナーケアはかなりやっていたおかげで、顔の肌への大きな不満はなかったんです。フォトフェイシャルを打つ時も、診断時に「そんなに気になるところないけどね」と言われるぐらいでした。
見た目としては、普通の肌、という感じだったと思います。
それが、ヒノコCを使い続けるほどに、キメがすんごいすんごい整いまして、とにかく肌の奥の奥までみずみずしく満ちるような手応えがあり、透明感とはこういうことか! ツヤとはこういうことか! トーンアップはこういうことか! と、大袈裟に聞こえてしまうと思いますが、革命が起きたという感じです。
例えるなら自分比でナタデココみたいな肌になりました。若い人は分からないですよね……。

ーー若い人は調べてください! ヒノコCを使う順番と効果的な使い方を教えてください。

ヒツコスさん:使い方はウィラードウォーター⇨ヒノコC⇨なにかしらです。なにかしらがなくてもいけます。私の肌の場合ですが。
ヒノコさんのブログでじゃぶじゃぶ浴びるように使うのがコツだと読んでいたので、その通りに使っています。最初の1本は10日ぐらいで使ったと思います。
ウィラードウォーターでじゃぶじゃぶスキンケアには慣れていたので、抵抗なく、じゃっぶじゃぶ使ってました。
1本4500円ですが、クリニックのイオン導入に比べたら高くないですし、そもそもイオン導入の代わりになるものを探して買ったものなので、そういう意味でもじゃっぶじゃぶ使ってました。

ーーおそらくじゃぶじゃぶ使うことを知らない方多いと思うんです! 私も最初そうでした(笑)  でもたくさん使うようになってからは肌がキュッとしてトーンも上がったのでここは広まって欲しいテクですね!

ヒツコス:たしかに、「量を増やして良さがわかった」と感想をもらう時がありますね。
でも、考えてみると、クリニックのビタミンCイオン導入もびしゃびしゃなんですよ(笑)
商品開発の成り立ちからしても、じゃぶじゃぶ使ってこそ効果が発揮されやすいものだと思うので、じゃぶじゃぶでお願いします。でも最初ほど量を使わなくてもだんだん大丈夫になってくると思います。
開発者の方はヒノコCでのローションパックを強く推奨しています。
私も、以前にFAでご紹介したコスデコのコインマスクをひたひたにして顔に貼っています。
ヒノコCにも専属のコインマスクがあるのですが、それよりも私はコスデコのコインマスクが好きです。

夏は朝にこのステップを加えると、化粧崩れのしなさが段ちがいに変わります。
コットンをじゃぶじゃぶにして、肌に優しく押し込む使い方もします。
横には擦らないしパッティングはしないのでそんなに摩擦はないかと思います。
肌がひんやりして保水感でぱんぱんになりますっ!!

透明感と保水感で敵うものはない

ーービタミンCイオン導入の代わりにヒノコCを使い始めたということですが、その点の満足度はいかがでしょうか?

ヒツコス:使い始めてから何年かした時に、脱毛の施術で同じクリニックにいった時に、他のところでレーザーとかしてる?と聞かれて、してないですと答えたら、ずいぶん保ってるねと言われたので、やったー! と思いました
別のクリニックに行ったときも、行く一週間前にヒノコCで朝晩パック+イマキュレートでケアしてから伺ったら、ナースの方にめちゃんこ褒められました。
クリニックでまめに皮膚管理している人として扱われたのでそこでもやったー! と思いました。

ーー美容皮膚科で受けた施術の感動が、そのままホームケアで再現されるなんて最高ですね。ヒノコCを今も使い続ける魅力が伝わってきました!

ヒツコス:繰り返しになりますが、私にとって透明感と保水感がこんなに感じられる美容液は他にないです。
保湿感やハリなどでいうと他の美容液の方が仕事をするかもしれませんが、透明感と保水感、私はその2つが何より肌に欲しいものなんです。
極端な話、それがある肌ならシワやシミが多少あっても気にしないです。

ーー透明感と保水感があれば、シワやシミが気にならないというのは、想像してみてなるほど! と思いました。パッと見たときの印象を左右するのは、お顔全体の透明感と保水感ですものね。ハッとする考えです

ヒツコス:綺麗すぎて例えに出すのも恐縮なんですが、高岡早紀さんや石田ゆり子さんや広末涼子さんのような肌が好きですね……。

ーーまさに透明感と保水感ですね!! そこがヒツコスさんのスキンケア美容の極意なんですね。

ヒツコス:そうみたいです。コスデコのコインマスクの記事でも書いたのですが、「透明感」って美容医療でも難しい分野のような気がしていて、レーザーで得られるキメやレチノールで得られるハリツヤとも違うんですよね。
一方でヒノコCで得られる透明感を知ってからは、他に飛び抜けた効果を感じる美容液があっても、「あーーー透明感が足りないぃぃぃ」と思うようになってしまいました。
というわけで、私にとってヒノコCは永遠にレギュラーアイテムです!

ーーヒツコスさんのお話を伺って、改めてヒノコCをじゃぶじゃぶ浴びたいと思いました! ありがとうございました!

ヒツコス:こちらこそインタビューしてくださってありがとうございました! お疲れ様でした!

ヒノコスメティクス ヒノコC(トライアルがあります)